スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネクラVサンダー


追記のやり方を教わって嬉しかったので

さっそく… デッキ名 ネクラVサンダー(変更の可能性アリ)


まずレシピから


3 x フェアリー・ライフ
4 x 霞み妖精ジャスミン
3 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
2 x 次元流の豪力(ジオ・バリバリ・ミランダ)
4 x ハッスル・キャッスル
1 x 口寄の化身(シャーマン・トーテム)

4 x 解体人形ジェニー
2 x 超次元ミカド・ホール
2 x 停滞の影タイム・トリッパー
4 x 復活の祈祷師ザビ・ミラ

1 x 光牙忍ハヤブサマル
1 x 雷鳴の守護者ミスト・リエス
4 x 黙示賢者ソルハバキ
3 x 光波の守護者テルス・ルース
2 x 霊騎コルテオ
1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート
4 x ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
1 x 魂の大番長「四つ牙(クワトロ・ファング)」/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ
1 x 流星のフォーエバー・カイザー/星龍王ガイアール・リュウセイドラゴン
1 x 時空の踊り子マティーニ/舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ



解説します。

まず、白黒緑にした理由から

最初は黒緑で組んでました。

ですが、回してて

「あーソルハバキ欲しいー」

の場面がめちゃくちゃ多く 非常にイライラしたのが理由です



ーー各カード解説ーー

3 x フェアリー・ライフ
4 x 霞み妖精ジャスミン
3 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
2 x 次元流の豪力(ジオ・バリバリ・ミランダ)
4 x ハッスル・キャッスル
1 x 口寄の化身(シャーマン・トーテム)
この部分から解説します。

まず初動ですが、ここはフェアリーライフ4ほしいです。

間違いなく。(重要な事なので倒置法にしました)

どの枠かと言うと口寄の化身です。


口寄の化身は、この構築ではそこまで必要ではないのですが、

デッキを公開する以上安定性は重視しなければならないので

1枚積みました。悪魔でも保険です


次元流の豪力は、かなりのパワーカードですが

ここは2枚です。

回してもらえばわかると思いますが

後述するソルハバキが4枚入れてあるので

いくらでもマナから回収する事ができます。


ハッスルキャッスルは、メインエンジンです

これは、わりと引けます



4 x 解体人形ジェニー
3 x 超次元ミカド・ホール
2 x 停滞の影タイム・トリッパー
4 x 復活の祈祷師ザビ・ミラ



解体人形ジェニーこれは、4枚安定です

説明するまでもありませんが相手の次の1手を潰すカードです。


超次元ミカドホールは、基本的にはビートダウン相手に使うカードです

それ以外ではあまり使いません。

相手のデッキがヴォルグに弱そうであれば

手札を気にせずガンガンヴォルグを投げつけていくとよいです。


停滞の影タイムトリッパーは、

相手を1ターン止めるカードですね

トリッパーからジェニーへ動くと強いです。

最近はセブンスタワーなども流行っているので投入しました。


復活の祈祷師ザビミラについては書くことはありません。

基本的に4~6,7体破壊して

次元からありったけのカードを出すだけです。



1 x 光牙忍ハヤブサマル
1 x 雷鳴の守護者ミスト・リエス
4 x 黙示賢者ソルハバキ
2 x 光波の守護者テルス・ルース
2 x 霊騎コルテオ


ミストリエスは、5枚目のハッスルキャッスル


ソルハバキは本当に強い

プレイングが問われる1枚ですね


テルス・ルース

ここが肝 

ランデスメタと言えばそうなんですが

2500と言う絶妙なパワー

各種速効の2000ラインに負けない点が採用の理由

「それならベルリンの方が強いじゃん」

って言われたら 

それはそうなんですけど……

まぁ後述。








ーー総じて動かし方・構築についてーー


軽量カードを多く積んでいます。

ミランダが2枚なのも軽量カードを多くするためです

理由は、良くネクラを使うかたならわかると思いますが

ハッスル張ってハンド0の状況は、かなり嫌です(自分だけかも)

なぜなら次のターン1アクションしかとれず、相手にどんどん遅れていくからです。

ですが、軽量カードが多いと

2~3アクションとれる確率がかなり高くなります。


あとは、多色カードを使いませんでした。

「ブースト…うぉ タップイン… ザビミラだせねぇ…死んだ…」


などを無くすためです。

タップインは、イライラするので抜きました。

タップインがイライラしない人は、ベルリンを積むべきだと思います。


あと、注意すべきは白が少ないことですね。

気にしないでください。

気にせずプレーしていれば気になりません。



意見、感想などあったらぜひお願いします




スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 愛怒流才望紅のデッキ工房 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。